タグ:Ubud ( 39 ) タグの人気記事

トイレにサンダルがほしいわけ

お宿の門に立つと、こんなふうに正面にゲスト用の建物が見えます。写真の左側の位置に、Jl.SriWedariへの抜け道があります。1階の奥にはキッチンがあって、そこで朝食の用意をされているので、オーダーを伝えに行ったり、食器を下げて持って行ったりしました。いつも子どもたちがはしゃいでいたり、オーナーのお母さんらしき方が美しいお供えを作っておられたり、そんな日常を垣間見ることができるので、民宿タイプのお宿が好きなんですよね。
e0224979_15050504.jpg

オーナーファミリーのお部屋も2階にあって、ベランダ(というか廊下でもある)に出ると、そちらの様子もすぐわかります。この日は洗濯物が干してありました。
e0224979_15045656.jpg

さて、眺めのよいお宿の設備ですが、こんなキッチンスペースもあります。収納スペースも多くて、キッチンが必要な人にはありがたい設備ですね~。個人的には、このスペースをバスルームに回してほしかったなあと思うのですが。
e0224979_15051416.jpg

バスルームも白を基調にして、気持ちよく使えるスペースになっています。
e0224979_15052101.jpg

問題はシャワーの位置。どんなにがんばっても、トイレを濡らさずにシャワーを浴びるのは至難の業。トイレと反対方向に向けると洗面台がびちょびちょになってしまうという配置です。どちらにしても床がびしょ濡れになるので、トイレ用サンダルを買うことにしました。お湯はたっぷり出るし、まあ、たいした問題ではないです。
e0224979_15052784.jpg

エアコンはなくてシーリングファンだけですが、夜は寒いくらいでした。窓をあければ、風が十分すぎるくらい通り抜けてゆきます。でも、蚊が入る~!とデング熱経験者の相方が嫌がるので、窓をあけるわけにゆかないんです。



[PR]
by miredo_4u | 2017-10-29 15:21 | Bali 2017 | Trackback | Comments(0)

ウブドあるある:朝の音風景

Jl.Sandatは歩いたことがなかったので、お宿探しをする時にGoogle Mapのストリートビューでバーチャル・ジャランジャランをしてみました。お店は少なくて、家の壁がずっと続いているところが多く、ときおり立派な家寺を垣間見ることができます。途中から道はデコボコでローカル色たっぷり。数年前のデータなのでゲストハウスもほとんど見当たりません。下の写真はストリートビューをキャプチャしたものです。いい雰囲気でしょう?!
e0224979_00361057.jpg
人通りも少なく夜道が暗そうだなぁと思ったけれど、お宿はJl.Raya Ubudから近いし、Jl.SriWedariへの抜け道に面しているので、そちらからアクセスもでき、便利で安心! そう思って決めたのですが、実はだからこそのデメリットが。。

というのは、早朝、抜け道を通るバイクの音がかなり気になるのです。それと同じかそれ以上にうるさいのがニワトリの鳴き声。通路を隔てた向かいの家から聞えてきました。わたし自身はそれほど気にならないというか、慣れもあるのでしょうが、ニワトリ攻撃初体験の相方はずいぶんうるさく感じたみたいです。

そんな朝の風景をどうぞ。



[PR]
by miredo_4u | 2017-10-25 18:43 | Bali 2017 | Trackback | Comments(0)

2階からの眺め@Jl. Sandat

ウブドでどこに泊まるかはいつも悩みのタネ。以前泊まったお宿に戻ってオーナーファミリーに会いたい気持ちもあるし、新しいお宿を開拓したい思いもある。お気に入りの散歩ルートに近いのもうれしいし、新しいワルンとの出会いも楽しみ。
今回は歩くのも初めてのJl.Sandat にある宿を選びました。ウブドセンターに近く、リーズナブルなお値段(当時のレートで1泊2,500円以下)、なにより決め手はネットで見たお部屋の写真です。↓Booking.comからいただいてきました。どうです? コレに心わしづかみ!されちゃったのです。
e0224979_11374487.jpg

これまでの経験から、写真はあんまり信用してません。でも、このお部屋は大きなガラス窓のおかげでとても明るく、風が吹き抜けてゆくのが感じられるようで、これは行ってみるしかないと思ったのでした。Booking.comには "Entire unit located on ground floor"(ユニット全体が1階)という気になる説明があったので、Airbnb のほうで予約をしました。2階の部屋を確保しないことには意味がありませんからね~。
なので、まずはホストに2階の部屋かどうか質問したら、夏はゲストが多いし、保証はできないという返事でした。前もって連絡してるんだから、スケジュール調整して確保できるやん~と思ったのですが、先に長期滞在希望のゲストが来ればそちらを優先したくなるよね。しゃーないなぁ。正直に「保証できない」って言ってくれるほうが誠実というものだわ・・と思い直しました。

他に候補のお宿があったので、2階じゃなければ今回はいいです~と伝えると、じゃ、特別に2階の部屋に泊まれるよう保証するよという返事が届きました。でも、2階の2部屋のうち、どちらになるかはわからないとのこと。もう一方がどんな部屋なのかわからないけれど、とりあえず2階ならいいや、ということで予約完了しました。
それでもまだ安心はできません。実は、Airbnb で連絡を取っていた「ホスト」は、実際にこのお宿にいてゲストに応対しているわけではないからです。お宿と同じ敷地内に住んでいる、実際のホストファミリーにきちんと連絡してもらってるかな~とちょっと心配でした。

お宿に到着して2階へ上がる階段へと案内されたときは、よかった!と思いました。そして、お部屋に足を踏み入れて、思わず「きれい~!」と声を上げてしまいました。
e0224979_01092232.jpg

ちょっと曇っていたのですが、期待どおりの2階からの眺めです。
e0224979_01030936.jpg

すぐにコーヒーとおやつを運んできてくださいました。真ん中のお皿はピサンゴレン、バナナの天ぷらです。
e0224979_01092684.jpg


隣のお部屋には韓流イケメンが二人。すでに5日間滞在して、トレッキング、サイクリング、ヨガなど、いろいろ楽しんだと話してました。翌朝、レンボンガン島に移動していきました。
e0224979_01091837.jpg

韓流イケメンが泊まっていた隣のお部屋は(上の写真の奥)1面だけがバルコニーに面しており、ドアから部屋に入るタイプでした。わたしたちは最初に紹介した写真どおりの部屋に泊まれたわけですが、ま、一長一短。。。いいことばかりではありませんね。






[PR]
by miredo_4u | 2017-10-16 12:35 | Bali 2017 | Trackback | Comments(0)

Puri Cantik のガーデン・カフェ

ビスマ通りにあるPuri Cantik は日本人旅行者の間でも人気のお宿。わたしも初めてひとりで渡バリした時以来、何度かお世話になっています。宿泊しない時でも、ふらりと立ち寄っておしゃべりできる貴重なお宿。お留守のことも多いのだけど、今回は、久々にご夫婦お揃いのところお会いできました。

びっくりしたのは表に「Garden Cafe」のボードが出ていたこと。ダンナさまによると、子どもたちも手が離れてさみしくなったDewiさんが、何か始めたいと言って、2か月くらい前にオープンしたばかりとのこと。次回はぜひ手入れの行き届いたお庭でほっこりしながらランチをいただきたいです。
e0224979_01410737.jpg

ふと思い出して、イグアナは元気ですか?と聞いたら、3ヶ月前に死んでしまったと、スマホを出してお葬式の写真を見せてくれました(許可をいただいてその写真を撮らせてもらいました)。ちゃんと見送ってもらって幸せなイグアナですね。バリ式の誕生日も祝ってたと話してはりました。家族の一員だったのですね。今はお庭の木の下に眠っています。
e0224979_01411321.jpg

この後、ネットで見つけたビスマ通りにあるカフェに行くつもりだったけど、ちっとも見つかりません。地図が間違っているのか。。降参して、通りに面したレストランの入口に立っていた男の人に聞いてみたら、「そこはもう閉店したよ。破産したんだ!」とのこと。ネットには人気ありそうなこと書いてあったのになあ。

曇り空だったけど、ところどころ田んぼが残っているので、ビスマ通りの散歩はけっこう好きです。
e0224979_01412354.jpg


[PR]
by miredo_4u | 2017-10-15 01:52 | Bali 2017 | Trackback | Comments(0)

サンバル急騰

バリ料理と言えばサンバル! 特にフレッシュなサンバルマタ(生サンバル)という日本でいう薬味みたいなのが大好きです。日本では材料がなかなか手に入らないので、本場サンバルを食べるのを心待ちにしてました。
出発間際にウブド情報をあれこれ見ていて、ホット・ママ・サンバルという手づくりサンバルを売っているお店の紹介を見つけました。なんと昨年オープンしてるではありませんか! 調査不足で昨年はチャンスを逃したので、まずはこれがウブドの第一ミッションとなりました。

サヌールからウブドへの移動でお世話になったドライバーさんと奥様(今回、ガイド役で同行してくださいました!)から、ホット・ママ・サンバルの移転情報をいただいたので、旧店舗に行ってガッカリ・・なんてこともなく助かりました。かえって今回のお宿に近くなってて都合がよかったです。

ウブド到着の翌日。サンバル確保のため王宮経由で、いざお店をめざします。Jl. Suetaはけっこうな上りなので陽射しがきつい時間帯は疲れます。まだぁ~?と声に出したくなる頃に、やっと看板が見えてきました。ガラス張りの明るい店舗です。
e0224979_18525026.jpg

ネットで読んだ味見用のクルプッはなかったけど、試食コーナーはちゃんとあります。サンバルマタも冷蔵ボックスから出して味見させてくださいました。
e0224979_18551467.jpg

店員さんはフリーのシェフだそうで、あちこちのレストランやヴィラで仕事をしているとのこと。とても元気でよくしゃべりよく笑うイブで、Jl.Sugriwaの家に遊びにきて~なんて盛り上がりました。
e0224979_18522606.jpg

相方がコレおいしい!と値段も確認せず2種類買おうとしていたので、わたしはサンバルマタを1ビン追加。店員さんが書いている伝票をのぞきこんで内心びっくり! 90,000Rp? 80,000Rp? 想定外だったので相方に「高いよ」と囁いたけど、別に気にしてなかったので、ま、いいかーと財布のひもを緩めてしまいました。

お店を出て、あらためて相方に正確な値段を言うとえらく驚いて、ネットで読んだときは450円くらいだったハズと言うのです。早く言うてよ~。わたしもたしか45,000Rpって書いてあったよな~と思いつつ、相方が気に入ってるなら・・とスルーしたのでした。歩きながらすぐに相方はブログ記事をiPhoneで確認して、やっぱり倍になってると判明。

ウブドはなんでも値上がりしてるからね~。とはいえ、倍は極端じゃない?やられたか?いや店員さんは正直そうだったよ。ああいうお店は固定プライスでちゃんとしてるはず。でも、値札なかったね? ネットで見た写真にはちゃんと値札が置いてあったのに。。日本人がたくさん買いにくるって言ってたしなぁ。買い占めた日本人もいたらしいし、日本人価格なのか。。
e0224979_18552990.jpg


確認せずに買ってしまった以上、仕方ないことですが、6月には45,000Rpで買ったという話を聞いて、どうもすっきりしなくて。。さらに伝票をよく見ると計算間違いがあったので、それを口実に(?)再訪問して、値段について確認してみようってことになりました。

日をあらためて行ってみたら、もちろん店員さんはわたしたちのことを覚えていて歓迎してくれました。率直に値段について質問すると、サンバルの材料は全部ジャワ島のものを使っているが、今年、ジャワでは雨が多くて材料が不足しており、そのため値段が上がっているとのことでした。ま、日本でも野菜が高騰することがありますもんね。
理由はわかったけど、それにしてもプライスカードを置くべきじゃないですかと言うと、それはボスが決めるから・・って。

一旦、上がった値段が下がることがあるのかわかりませんが、今後、お買い物に行く方がおられたらぜひ最新情報を教えていただきたいです。
e0224979_18521690.jpg

[PR]
by miredo_4u | 2017-09-16 19:06 | Bali 2017 | Trackback | Comments(0)

両替マジシャン★アゲイン!

今年のお宿の紹介よりも先に、両替マジシャンにまたやられてしまった件(取り戻したけど)を書いておこうと思います。反省をこめて。しっかりした両替屋さんだからと安心しきっていたのが敗因です。油断禁物!

場所はウブドの大通りに面した安心のマスピン。いろんなサイトやブログに、安心できる両替屋さんとして挙げられています。わたし自身、何度も利用しているところだし、絶対の信頼を置いていたけど甘かった。。
万の単位を千の単位に繰り下げるというよくある手口です。具体的には84,000ルピアのところ8,400ルピアしかありませんでした。後ろに待っている人もかなりいたので、10万と5万ルピア札だけをしっかり数えて、あとはハイハイ~と急いでカウンタから離れてしまいました。5万ルピア札がたくさん入っていたのも、イヤな予感がしたんですよね。

でも、サイフに入れる前に、ん?0(ゼロ)少ないやん?と気づいて事なきを得ました。カウンタに戻って足りないと言うと、札束を受け取ったお兄ちゃんはくるりと後ろを向き、ガラスの向こうからお金を渡すもう一人のお兄ちゃんになにか声をかけて・・
再びこちらを向いたカウンタ担当にいちゃんはニンマリ笑みを浮かべ、まるで最初からちゃんとお金が揃っていたかのように、「ほら、数えるからね・・ワン・トゥー・スリー・・・・ オーケィだろ?」とわたしの言いがかりのような素振り。

信頼しているお店だっただけにショック。と同時に腹立たしく、次に並んでいた人に小声で「Be careful!」と言い残して出てきました。
まあ、わたしが数字に弱くて、アタマの回転が鈍いのがダメなわけで、今回のはマジシャンとは呼べないよなぁ。嫌がられようが、しっかり落ち着いて確認しようとあらためて思った次第です。

気分を変えて、サヌールビーチの写真でも貼り付けておきましょ。このやさしい色合いが気に入ってます。
e0224979_00075412.jpg

[PR]
by miredo_4u | 2017-09-15 00:09 | Bali 2017 | Trackback | Comments(0)

Ayuさんと一緒にお寺へ@Taman Kaja

ザ・サマラへの移動日は、バリの暦によると"Hari Pegat Uwakan"という日でした。ガルンガンの前に各家の前に立てたペンジョールを片付け、一連の祝日の締めくくりとなる日だそうです。何かお寺でセレモニーがあるかもしれないと思い問合せメールを送ったら、ホテルのスタッフが近くのお寺に案内しますよーとうれしい返事。
e0224979_17100679.jpg

前日、クルンクンの市場で相方のサロンやウダンも揃えていたので、お寺に入るための正装は準備万端。
夕方、まずはバイクでスタッフAyuさんの自宅に連れて行ってもらい、そこで着替えさせてもらいました。
e0224979_17062468.jpg

Ayuさんは立派な御供を頭に載せ、子どもさんたちも一緒にお寺に向かいます。
e0224979_17074242.jpg

Ayuさんの家があるのは Taman kajaと呼ばれる地域。その頃はまだ歩いたことのないSri Wedari通りを北上した記憶があるのですが、その先はよくわかりません。(^^;)
本当はかなり大きなお祭りになるハズだったけど、ご近所で亡くなった人がいたため、時間を切り上げなければいけなくなったとのこと。ささっとお祈りをして、すぐAyuさんの家に戻りました。
e0224979_17101073.jpg

いつもどおりのセレモニーじゃないのは残念でしたが、親切なAyuさんファミリーのおかげで貴重な機会となりました。お寺のマンク(お坊さん)も、写真撮ってもいいよと合図してくださるし、バリのみなさんの寛容さにはいつも感動します。Terima kasih banyak!
e0224979_17143531.jpg



[PR]
by miredo_4u | 2016-10-10 18:00 | Bali 2013 | Trackback | Comments(0)

早起きしたくなる旅の空

自慢じゃないけど朝は大の苦手。でもバリ滞在中は、早起きできるのが不思議です。
e0224979_2335389.jpg


実際は、ゲッコーの声で眠れず、ニワトリの声で起こされることも多いのですが。(^^;)
e0224979_23413862.jpg



ザ・サマラでも、きれいな空を見ることができました!
e0224979_23353430.jpg



もともと、空を眺めるのが大すきなので、日本でも空の写真ばかり撮ってます。バリだと建物のシルエットも味があってお気に入り。
e0224979_23354845.jpg

[PR]
by miredo_4u | 2016-10-09 12:30 | Bali 2013 | Trackback | Comments(0)

ライスフィールドの真ん中で@ザ・サマラ

2013年のゴールデン・ウィークふたり旅、後半のお宿はカジェン通りの奥にあるザ・サマラです。この前年だったか、ひとりでお気に入りのコース(サリ・オーガニックにゆく例の人気コース)を散歩中に発見して、次にふたりで来るときに泊まりたい~!と思ってたお宿。オープンした途端、トリップアドバイザーで上位に入ってました。
なんといっても、田んぼのど真ん中というロケーションが最高。その代わり、ホテルのかなり手前までしかクルマは入れません。カジェン通りの奥に駐車スペースがあって、そこからはスタッフがバイクで人も荷物も運んでくれます。
e0224979_19314249.jpg


お部屋はわずか6室。こじんまりしている点も好みです。オーナーはイタリア人で、ゴータマ通りにレストラン"Dolce Arancia"も持っています。Booking.comで予約してすぐ確認メールが届き、食べ物のアレルギーはないかとか、豆乳や全粒粉パンなど朝食のリクエストがあれば連絡してねとか、サービスに心をくだく様子が伝わってきました。
e0224979_1931581.jpg



お部屋はいたってシンプルで快適。すぐ目の前がプールなので、なにかと便利です。
e0224979_19313341.jpg


ライスフィールドの真ん中でぷかぷか。
e0224979_19323131.jpg


最初にこのお宿を見つけた時は、ホントに360度さえぎるものがなかったのに、実際に泊まった時点では、建設中の建物が見えてました。少し離れていたので、それほど気にはなりませんでしたが、年々、お宿やお店が増えてゆきますね。
朝陽や夕陽を見るにはいまいちの場所かなと思ったけれど、プールの水面に映る空、木やパラソルのシルエットなど、別の楽しみがありました。
e0224979_19335555.jpg

[PR]
by miredo_4u | 2016-10-06 19:40 | Bali 2013 | Trackback | Comments(0)

もはや定番チェンダナ・リゾート

2013年ふたり旅の記録がまったくないことに気がついたので、まずはお宿だけでも写真を残しておこうかと。。この写真↓ は、相方PCの壁紙を借りてみました。
e0224979_2233228.jpg


今回のお宿はパッケージ・ツアーにもよく利用されているチェンダナ・リゾート(Cendana Resort & Spa)です。ネット上に詳しい情報やレビューがたくさんあって、わたしの出る幕はなさそうですが。(^^;) 人気の秘密はやはりロケーションと田んぼビューでしょうね。
e0224979_2272346.jpg


このときは5月の黄金週間だったので、個人で航空チケットを取るのが難しく、旅行会社のパッケージを利用。でも、全部チェンダナというのは面白くないので、後半は個人手配で別のホテルを予約しました。
チェンダナはモンキーフォレスト通りにあって、とても便利という以外、わたしとしてはあまり魅力を感じてなかったのですが、相方は上記のとおり、PCの壁紙にチェンダナで撮った写真を使っており、後になって「結構、気に入ってた」ことが判明しました。たしかに、いかにもバリらしい建物やインテリアで、お庭も緑がいっぱいだし、雰囲気はよかったなと思います。
e0224979_22113739.jpg


お部屋はちょっと古めで、薄暗い印象。バスタブにひびが入っており、お風呂の床がびしょびしょになりました。たしかスタンダードのお部屋だったと思うので、グレードアップすれば、もっと快適だったかもしれません。ただ、相方が休めるお盆や黄金週間はとにかく料金設定が高いので、節約できるところは何でも節約するというポリシーでガマン、ガマン。
e0224979_22321999.jpg


プール横にバレ(東屋)があって、わたしがスパに行ってる間、相方はここを独り占めして仕事をしてたらしい。こんなところに来てまで…と思うけど、逆に、こういうところで仕事できたらいいよね、と思ったり。モンキーフォレストの近くには"Hubud"というシェアオフィスがあるんだけど、そういうのを利用できる仕事があればなぁ。。
e0224979_22153097.jpg


滞在中、ここのプールで泳いでいる人はほとんど見ませんでした。ときどき、田んぼのお米を食べにくる鳥がプールサイドにやってきて水を飲んでいました。のどか~。
e0224979_2223884.jpg


レストランの2階は広々してて、眺めもよかったです。
e0224979_22325262.jpg


普段、朝食はとらずコーヒーだけなのに、旅先ではこんなに食べる人が!相方は種類も量も多かった~!と言うのですが、それは絶対コマネカと記憶がごっちゃになってるんだと思います。コマネカの朝食はハンパなかったですから。それに、ブッフェスタイルなので、量が多いのは自分が取ってくるからでしょー!(^^;)
e0224979_2233022.jpg

[PR]
by miredo_4u | 2016-10-02 22:56 | Bali 2013 | Trackback | Comments(0)


"heart to heart"


by miredo_4u

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

トイレにサンダルがほしいわけ
at 2017-10-29 15:21
ウブドあるある:朝の音風景
at 2017-10-25 18:43
2階からの眺め@Jl. Sa..
at 2017-10-16 12:35
Puri Cantik のガ..
at 2017-10-15 01:52
フルーツ宝石箱
at 2017-09-25 00:30

カテゴリ

全体
Bali 2006
Bali 2008
Bali 2010 Mar
Bali 2010 Aug
Bali 2011 Mar
Bali 2011 GW
Bali 2012
Bali 2013
Bali 2014
Bali 2016
Bali 2015
Bali 2017
Bali 2012 Mar
未分類

タグ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

画像一覧

外部リンク

フォロー中のブログ

ははP

ブログパーツ

記事ランキング

最新のトラックバック

ブログジャンル

旅行・お出かけ

その他のジャンル

ファン