もうひとつの棚田ビュー

前回(Sidemen泊)の続きで Surya Shantiにランチに行ったときの写真を少しだけ。
Lihat Sawah 3は(↓のプールの写真からもわかるように)棚田を下から見上げる位置にあるけど、これはどちらかというと珍しいかも。たいていは棚田の上にお宿やレストランがあって、壮大な風景を見下ろすほうが多いんじゃないかな。
e0224979_09483883.jpg

では、棚田を見下ろすほうのお宿へジャランジャラン。
Lihat Sawah III(当時の名称)の前の道をそのまま奥に進んで、坂を下ってゆきます。
e0224979_09494971.jpg

Surya Shantiの敷地へと続く小道。
e0224979_09501529.jpg

ここからさらに階段を上ってゆきます。
e0224979_09502026.jpg

上りきったところにレストランがあるけれど、ランチの前にお部屋をちらっと拝見。
e0224979_09503456.jpg

バスルームからの眺めも最高。
e0224979_09504088.jpg

ここは共有スペース。ここなら陽射しを気にせずのんびりできそう。
e0224979_09512804.jpg

スパルームではスタッフが準備中。
e0224979_09513307.jpg

そして、これが前夜の嵐の影響です。枝が折れてるのわかるでしょうか?
e0224979_09511057.jpg

バナナも大きな房ごと折れて吹き飛んでました。
e0224979_09514568.jpg


ランチは迷わずサテリリッ!レモングラスを串に使っているので香りがいいんですよね~。ジェンガラの食器もすてきだし、緑あふれる景色を眺めながらのランチはなんてぜいたく。
e0224979_09520345.jpg

この日の夜も食べに来たいけど、暗い中歩くのはちょっと心配・・と話すと、スタッフがバイクで送迎してくれることになりました。このお宿は設備もスタッフもみ~んな気持ちよくてホントに一度泊まってみたいところです。


[PR]
# by miredo_4u | 2017-09-10 10:09 | Bali 2012 Mar | Trackback | Comments(0)

棚田ビューのお宿

初Sidemenから1年後、またニュピ前に渡バリしたときのお宿紹介です。
e0224979_17484073.jpg

前年、工事中のお宿を案内してくれたオーナーさんに約束したとおり、新しいLihat Sawah IIIに泊まりました。このときは空港からSidemen直行というスケジュールで、空港を出る頃に夕陽がギラギラ。
e0224979_17424440.jpg

いつものことだけど仕事帰りの渋滞に巻き込まれ、お宿に着く頃は真っ暗。すばらしい景色は翌朝までおあずけ。今でこそワルンやレストランが増えたけれど、5年前はまだまだお店も少なく、まして夜遅くに開いているとこなどありません。しまったー!夕食のことまで考えてなかったー!とちょっと不安になったけど、系列のSawah Indahから運んでくれるとのこと。しかもメニューに大好きなサテ・リリッがあったので大満足。闇の中でスタッフとおしゃべりしながら食べました。
e0224979_17425447.jpg

お部屋の写真はこれ1枚。ひとりなので広々使えました。バスルームではカエルに歓迎されてギョッとしたけど、まあバリですから。。例年3月は雨期から乾季への季節の変り目のため、お天気は荒れ模様とのこと。この夜も激しい雨風の音、なにかモノが吹き飛ばされる音が続いて、だいじょうぶかいな・・とドキドキ。
e0224979_17431399.jpg

朝起きてみると、こんなことになってました(こんなのかわいいもんです。この後見学したお宿では嵐の影響がもっとひどかったです)。
e0224979_17445556.jpg

風の流れを感じる雲。
e0224979_17461076.jpg

お天気はイマイチだけど、お部屋の前のバルコニーに立つと目の前にライステラス。
e0224979_17521531.jpg
※Lihat Sawah 3は現在Abian Ayu Villaという名前に変わっています。





[PR]
# by miredo_4u | 2017-08-20 18:07 | Bali 2012 Mar | Trackback | Comments(0)

ソンケット はたおり初体験

ソンケットという美しい織物のことを知ったのは何がきっかけだったのか。。。とにかく昔から、バティック、サリーをはじめ、布関係、刺繍関係が大すき! たぶんバリ島のことを調べているうちにネット上で見つけて一目ぼれしたのだと思います。
初めて一人で渡バリした時、バリ人の友人がお揃いのサロンをまとめ買いするためクルンクンの市場に行くのに誘ってくれました。布専門市場みたいなところがあって、天井から布をぶら下げ、店頭には山積みというお店がひしめきあってます。この雰囲気なんとなく見覚えある~。そうだ!大阪は本町にある船場センタービルの地下も、生地屋さんが並んでいて、こんなかんじ!よく母と買い物に行きました。
・・と話がそれてしまいましたが、そこでショウケースに入ったソンケットを見て、あらためてほれぼれ~となったのでした。

シドゥメン村でソンケット織という伝統文化継承のため奮闘されている松原亜希子さんが、ご自宅ではたおり体験のワークショップを主宰されていると知って、もちろん、すぐにでも参加したいと思いました。でも、亜希子さんのブログで詳しい説明を読めば読むほど、いくらマンツーマンで教えてもらえるといっても、ホントにこんな細かい作業できるんだろうかと半信半疑。それでも、ソンケットに少しでも触れたいと思いは募り、初Sidemenのいちばんの目的となりました。
亜希子さんのブログに、ソンケット織に関する記事の目次がありますので参考になさってください。

さてさて、亜希子さんのご自宅でいよいよ、はたおり体験スタート! プロの機織り職人コマンさんが準備をして、途中まで織ってくださっています。実物を見ながら、亜希子さんが道具や織り方を説明してくださいます。詳しい道具の写真説明はこちらをどうぞ。
e0224979_12331841.jpg

ちょっと説明を聞いたぐらいでは、さっぱりわかりません。実際に触ってみても、やっぱりわかりません。もう、ほんとに、ひとつひとつの工程を指で指示してもらって、こなしてゆくというかんじです。悪戦苦闘しているようすが伝わるでしょうか。
e0224979_12361367.jpg

実際に道具の「中」に座って感じたのは、身体が道具の一部だということ。写真でわかるように、背中側とお腹側に1本ずつポールがあって(その両端がひもで結ばれています)、姿勢や位置で糸の張り具合が変わってくるんです。だから、身体が道具と一体化したときに、ちょうどよい具合に糸が張ってうまく織ることができるんだなと思いました。(関係ないけど、下の写真、首の後ろ側が真っ赤ですね。油断すると町歩きだけで、すぐこんなに日焼けします。要注意!)
e0224979_12355235.jpg

2時間かけて、わたしが織ったのは数cm。(^^;) でも、満足です。この後、続きをコマンさんが仕上げてくださいました。
e0224979_12363979.jpg

この日の夜、バリを発つことになってたので、わたしはお宿に戻り、そろそろ帰る準備を。急いで仕上げてもらった記念のソンケットは、亜希子さんのご主人ニョマンさんが届けてくださいました。


[PR]
# by miredo_4u | 2017-08-19 08:00 | Bali 2011 Mar | Trackback | Comments(0)


"heart to heart"


by miredo_4u

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

2階からの眺め@Jl. Sa..
at 2017-10-16 12:35
Puri Cantik のガ..
at 2017-10-15 01:52
フルーツ宝石箱
at 2017-09-25 00:30
サヌールと言えば朝陽
at 2017-09-24 19:07
ぐるっと回ってお隣ワルン
at 2017-09-18 08:00

カテゴリ

全体
Bali 2006
Bali 2008
Bali 2010 Mar
Bali 2010 Aug
Bali 2011 Mar
Bali 2011 GW
Bali 2012
Bali 2013
Bali 2014
Bali 2016
Bali 2015
Bali 2017
Bali 2012 Mar
未分類

タグ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

画像一覧

外部リンク

フォロー中のブログ

ははP

ブログパーツ

記事ランキング

最新のトラックバック

ブログジャンル

旅行・お出かけ

その他のジャンル

ファン