<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

花と祈りと微笑み

バリの朝は花摘みで始まる。
お宿のある通りを散歩していると、木がゆさゆさ揺れている。そうやって落とした花を拾い、朝のお祈りに使うのだ。別の家の前では、長い竹の先に鍬のような刃をつけた道具で、さくさくと枝を切り落としている。反対側の大きな木を見上げると、人のシルエットが目に入った。木に登って花の多い枝を直接揺すっている。
e0224979_17314385.jpg


しばらく歩くと、こんどは背中の曲がったおばあさんが丁寧に花を摘んで平たい容器に入れている。
Selamat Pagi! (おはようございます!)
いつもの挨拶を交わす。フルムーンのお祭りの日だからなのか、朝から綺麗なクバヤを着て準備万端のおばあさん。花摘みを終えて、かなりの段差のあるところから舗道に降りようとしたので、Hati-Hati!(気をつけて!)と声をかけ、手を差し出した。
e0224979_17313991.jpg


わたしの手をつかみ、ひょいと横に降り立ったおばあさんは、カゴからうすいピンクの綺麗な花を2つ取り出して、わたしの前に差し出した。なんてうれしいプレゼント! てりまかし~と両手を合わせお礼を言って受け取る。おばあさんはぺらぺらぺら~となにやら言うのだけれど、さっぱりわからない。「スンバヤン」だけ聞き取れたので、お祈りに使うのよ…とでも説明してくれたのだろう。うんうんとうなづき、「スンバヤン、OK?」と両手を合わせ祈るしぐさをすると、おばあさんもそうそう!という風にうなづいた。

最後に、写真撮ってもいいですか?と聞くと、にっこり笑って首を縦に振ってくれた。ちょっとはにかんだ笑顔がやさしくて、ほっこりした気持ちでわたしは散歩を続けた。
e0224979_17313356.jpg


(Jl.Sriwedari Sep. 2014)
[PR]
by miredo_4u | 2015-09-27 17:39 | Bali 2015 | Trackback | Comments(0)

二度目のSriwedari 通り

ひとつ前のエントリで、初のスリウェダリ通りのお宿を紹介しました。とても便利だし犬も見かけなかったので(これ重要!)、今年も同じ通りに泊まることにしました。ホントは昨年と同じお宿に泊まりたかったけど、探し始めた頃にはもう予約がいっぱい。それでも、この通りはお宿がどんどん増えているので、新規開拓に困ることはありません。Booking.comでレビューがかなり良いお宿Loris Homestay が取れました。
スリウェダリ通りに面してギャラリーがあります。Seniman Coffee のほぼ向かいです。
e0224979_135223100.jpg


とんとん…と階段を上がり門を入ると、すぐ左側に受付らしいコーナーがあります。敷地は奥まで長く伸びていて、ゲスト用の建物に向かう途中で降り返るとこんなかんじ。
e0224979_22581236.jpg


両側に家族、親族の部屋が連なっています。
e0224979_22582282.jpg


e0224979_2258425.jpg


ある日、おじいさんが孫に散髪してもらっているのを見かけました。
e0224979_22573338.jpg


そのおじいさんが黙々とココナツの実をおろしていたり。。ロスメンと呼ばれる民宿のようなところに泊まると、バリの人々の普段の生活を垣間見ることができて楽しいです。
e0224979_22582689.jpg


こちらがわたしが泊まったお部屋。1階に3部屋並んでいる、いちばん奥でした。たしか6月にオープンしたばかりだと言ってたので、ホントにできたてほやほや。空スペースがかなり広くて、なんのために?と思うくらい。もしかしたらムスリムのお祈りスペースを意識しているのかも?
e0224979_22502034.jpg


さらに奥にこんな建物が。立床式…ですよね。お米を保存するための倉庫だそうです。この横にまだ工事中の建物がありました。ゲストルームを増築しているのかな。日本人は減ったと言われますが、観光客の全体数はまだまだ増えているのでしょう。
e0224979_22505534.jpg

[PR]
by miredo_4u | 2015-09-22 23:05 | Bali 2015 | Trackback | Comments(0)

初めてのJl. Sriwedari

火山灰の影響で何回か空港閉鎖があり、ぎりぎりまで迷ってた今年の夏旅ですが、結局、いつものウブドに行ってきました。iPhoneにはまだ昨年の写真が(いや、もっと前のもあるみたい…)残ったままという状況なので、写真整理も兼ねて、ぼちぼちupしてゆこうと思います。
現地から情報発信されてるブログや詳細な旅行記をこまめにUPされてるブログが多い中、忘れた頃にぽつんぽつんと更新するこんなブログに意味があるのだろうかと考えたりもしますが、きっと同じ趣味を持つ人に出会いたくて書いているんだろうなと思います。今回もそんなバリ友さんとウブドでランチしてきました。日本では遠く離れて住んでいるのに、ウブドのスパでばったり出会ったりするのっておもしろいですよね~。

では、久々のUPは昨年の夏に泊まったお宿から。
これまでウブドで泊まったお宿は全部ラヤウブド通りより南だったので、たまには北側にも泊まってみようと選んだのがスリウェダリ通り。おしゃれなカフェやレストランが増えて注目の通りです。こじんまりしたお宿が(北にゆくとゴージャスなヴィラも)増えているみたいで、その中のひとつがNarendra Guest House。地図で見ると、もっとラヤウブド通りに近いお宿があったけど、みんな予約フルになっていました。
e0224979_1410466.jpg


お部屋はいろんなサイトで紹介されているとおり、モダンで清潔で快適でした。部屋に掛けられている写真や絵画もおしゃれだし、このドアのノブも素敵でしょう?
e0224979_14103632.jpg


オーナーは元々、モンキーフォレスト通りにあるおしゃれなアンティーク店のオーナーでもあり、インテリアのセンスのよさも納得。"Oleh-Oleh"という大きな看板を覚えている人も多いのでは?
ゆっくりおしゃべりする時間はなかったけど、いつも笑顔で、ゲストのニーズに気を遣っているという印象でした。クミン(ターメリック)を買いたいというと、奥さんに聞いて台所から見本を2種類持ってきて、これのことか?とわたしに確認し、すぐバイクでマーケットに連れて行ってくれました。

オーナーがお留守のときは、大学生の娘さんが代理で受付に座ってゲストに対応してくれました。現役学生だとさすがに英語が流暢で、いろいろおしゃべりして楽しかったです。
写真↓ は各部屋の前のテラス。ここで朝食をとります。
e0224979_14104147.jpg


あえて希望を挙げるとすれば、クローゼット類がほしいってことでしょうか。長期滞在の場合、洋服の置き場所がなくて困るかもしれません。わたしはひとり旅だったので、ベッドの半分にあれこれ広げてもダイジョウブなのであまり気になりませんでしたが。シャワーのみなので、バスタブが絶対必要な人にはおすすめできませんがもう一度泊まりたいと思うお宿です。
[PR]
by miredo_4u | 2015-09-22 15:26 | Bali 2014 | Trackback | Comments(0)


"heart to heart"


by miredo_4u

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

トイレにサンダルがほしいわけ
at 2017-10-29 15:21
ウブドあるある:朝の音風景
at 2017-10-25 18:43
2階からの眺め@Jl. Sa..
at 2017-10-16 12:35
Puri Cantik のガ..
at 2017-10-15 01:52
フルーツ宝石箱
at 2017-09-25 00:30

カテゴリ

全体
Bali 2006
Bali 2008
Bali 2010 Mar
Bali 2010 Aug
Bali 2011 Mar
Bali 2011 GW
Bali 2012
Bali 2013
Bali 2014
Bali 2016
Bali 2015
Bali 2017
Bali 2012 Mar
未分類

タグ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

画像一覧

外部リンク

フォロー中のブログ

ははP

ブログパーツ

記事ランキング

最新のトラックバック

ブログジャンル

旅行・お出かけ

その他のジャンル

ファン