カテゴリ:Bali 2010 Mar( 15 )

■おみやげにバティックたこストラップ

今回はデルタデワタが歩いてゆける距離だったのでうれしい。朝食の買出しにゆくというL&W先生ファミリーについて行き、おやつや袋めんを購入。SILVER QUEEN(チョコレート)はL先生が友人に頼まれたというもの。わざわざ頼むくらいだから、きっとおいしいはず。。と思いわたしも買ってみた。
e0224979_19593453.jpg


写真最前列に並んでいるのはバティック製のたこストラップ(キーホルダーもあり)。チョコレートの上には、かにストラップ。これはデルタデワタじゃなく、ピテカントロプスというバティック専門店で見つけたもの。タコもカニもややこしい形なのにきれいに仕上がっている。バティック好きでたこ焼きファンの大阪人としては、迷わず買い。いつも食べにゆくたこ焼き屋の大将とおかみさんへのおみやげにしよう。
ピテカントロプスでは、お店のスタッフが「タコタコ~!」と言いながら、一緒に選んでくれた。でも、タコは食べないんだって。
[PR]
by miredo_4u | 2011-02-03 21:52 | Bali 2010 Mar

■竹のストロー@Bodag Maliah

前のエントリのジャランジャランの途中で寄ったカフェ。ボダッ・マリアという名前だけど、サリ・オーガニックとも呼ばれている。周りは見渡す限り田んぼというのどかなシチュエーション。
e0224979_23391226.jpg


マンゴジュースを頼むと、ポテトチップスがおまけについてきた。太いストローは、なんとバンブー製とのこと。ここまで自然にこだわっている。
e0224979_2340392.jpg


自家製野菜のサラダ。いくつかのドレッシングから"Tahini Dressings"を選んだ。tahini, lemon, oliveoil, garlic, parsleyが材料。tahiniってなに?
e0224979_23404176.jpg


こんな「お座敷」もある。居心地よさそう。
e0224979_23413013.jpg


わたしが行った時間帯はお客さんも少なく、スタッフがべちゃべちゃしゃべり続けていて、それがちょっと残念だったな。帰り道はわかりやすく、川をずぶずぶ渡ったり、竹の橋をこわごわ渡る必要もなかった。カフェだけが目的のときは、逆周りで訪れるほうがよさそう。
[PR]
by miredo_4u | 2010-09-09 11:45 | Bali 2010 Mar

■jalan-jalan♪迷子、バンブーブリッジを渡る

2010年3月のバリ行きでいちばん楽しかったのは、カジェン通りを北上して田園地帯をぐるりと回るジャランジャラン(散歩)。これまではパヤンガンのホテルに泊まって、ウブドでは数時間のフリータイムしかなかったので、ゆっくり散歩するのは初めて。『バリ島ウブド 楽園の散歩道 (地球の歩き方GEM STONE)』に掲載されているルートを歩いてみる、というのが今回の目的のひとつ。まずはウブド中心部から近そうなコース(前掲書のJalan-jalan 1)から。これだと、途中、Threads of Life(ギャラリー)に寄り道して織物が見れるのも魅力。そして、田園の真っ只中のオーガニック・カフェで、まったりランチという予定。
カジェン通りの入り口。ひょうきんな石像。

e0224979_2351423.jpg


Thread of Lifeは涼しいので、ちょっと一休みするにもよいポイント。インドネシア各地の織物がその製作者の名前と一緒に展示されている。製作過程の映像なども見ることができるので布好きには魅力的なスポット。
e0224979_23523661.jpg


緑のトンネルの中に映える紅いハイビスカス。この光と影!
e0224979_23533089.jpg


しばらくゆくと田んぼが広がる。水路沿いのあぜ道をずっと歩いていたのだけど、曲がるポイントがわからない。どうも行き過ぎたような気がして一度後戻りした。けど、やっぱりもう少し先かなーとまた進む。歩いている人などひとりもいないので、だんだん不安になってきた。何人目かにすれ違ったおじさんにブリッジはどこ?と聞いたら、わたしが戻ってきた道の方向を示す。
「オルガニッレストラン? 」 おじさんはわたしの行きたいところを察してくれた。
「ヤーヤー!オルガニッレストラン!」
おじさんは、あっちあっちと指さす。それでも不安そうに、ゴーブリッジ?ターン?としつこく聞くと、おじさんは手のひらを自分の胸にあてて、なにやら繰り返しわたしに聞く。
わしが連れていってやろうか?…たぶん、そう言ってるにちがいない。
イエス、イエス! サンキュー!テリマカシー!

おじさんはかついでいた籠をあぜ道に置き、鎌を片手にわたしの前を歩き出した。足元を見ると、なんと裸足! ひょいひょい歩いてゆく道は、本に載っている道とは明らかに違う。だ、だいじょぶなのか。。でも、ついてゆくしかない。
突然、坂を下ったと思ったら、おじさんは川の中をざぶざぶ進む。ひぇ~~、ココを歩くの? 思わず日本語で叫んだら、おじさんは振り返って「ノー? ノー?」と心配そう。
「OKOK!」ずぶずぶ進む。なかなかワイルドなジャランジャランではないか。

次なる難関はバンブーブリッジ。橋を渡るとは書いてあるけど、バンブーとは書いてないよー。こんな恐ろしい橋。。
e0224979_23562713.jpg


おじさんに手をひかれ、どろどろの坂をよいしょっと上ったら、目の前に田んぼが広がった。レストランはあっち、というわけで、わたしは水路をひょいと跨ぎ、ここでおじさんとお別れ。ホントにホントにありがとうー。言葉はさっぱり通じなかったけど、わざわざ案内してくれたおじさんに両手を合わせて感謝。テリマカシー。
e0224979_23573283.jpg



さて、これで青い屋根が見えてくるはず。。。本にそう書いてあったのだけど、見えてきた屋根は赤い。。えーっ!一瞬、全然違うところに出たのかと焦った。看板の店名を確認したら Bodag Maliah。合ってる。いつのまにか色を塗り直したんやね。ああ、びっくりした。
e0224979_2358668.jpg

[PR]
by miredo_4u | 2010-09-07 01:08 | Bali 2010 Mar

■ペインティング♪4年越しの完成

今回の目的のひとつは、未完成のペインティングに色をつけて仕上げること。初めてKeliki villageに行った2006年に挑戦して時間切れになり、2008年に仕上げるつもりが、持ってゆくのを忘れてしまい、2010年まで持ち越してしまったのだ。写真はエンピツ→インク→影をつけた段階で帰国した2006年の下絵。これはIda Bagusのお弟子さんが描いてくれた見本。わたしの下手な絵は写真を撮ってなかったみたい。

e0224979_10592290.jpg



2年ぶりのIda Bagusの家には、新しい作業コーナーができて、壁には彼の作品が掛かっていた。ウブドのような町のギャラリーだけじゃなく、田舎の普通の村でもすばらしい作品に出会える。

e0224979_10595951.jpg


レモングラスティーと日本のお煎餅そっくりのお菓子(ジャジュ・ウリ)をいただく。レモングラスは庭にぼーぼー生えている。

e0224979_1102260.jpg


わたしに手ほどきをしてくれたSuitaはまだ大学生。前夜は午前2時まで友だちと路上で騒いでいたという。ニュピの余韻がまだ残っているのだろう。
日本のサクラの花をTVで見たと言うので、日本人はサクラが好きでお花見をするねんよー、サクラの木の下に座ってお酒飲むねんよーと話したら、女性もアルコールを飲むのかっ?とちょっと「!」付きの質問が返ってきた。

どんくさいわたしに「クイック!」と声をかけ、「ウェイト!」と言って手直しをしてくれる。わたしが自分の下手さに凹んでいると「ノープロブレム!」と励まして、完成まで導いてくれた。なんとか仕上がったのは忍耐強いSuitaのおかげ。4年目にしてようやく完成した作品はコチラで

ペインティングの作業は、小学生の頃のお習字に似ている。先生のお手本を横におき、見よう見まねで筆を運ぶ。静かな村の庭先で、鳥や動物の鳴き声を聞きながら、細筆を動かす。こんな時間の過ごし方、しばらく忘れていた。


[PR]
by miredo_4u | 2010-08-17 01:08 | Bali 2010 Mar

■オゴオゴその後

ニュピ前夜のパレードが終わるとオゴオゴは燃やされる、と聞いた。でも、ニュピ明けの日、街に出てみるとまだ生き延びているオゴオゴがいる。これは、サッカー場の隅っこにいたオゴオゴ。
e0224979_075034.jpg


こちらはダラム・プリ寺院の前。激しくのけぞっている。
e0224979_083085.jpg


UPしてないオゴオゴの写真があったので、ニュピ前に撮ったものだけど便乗UP。パヤンガンの村を散歩したときに遭遇したオゴオゴ。わたしが初めて間近で見たオゴオゴである。なんともおどろおどろしい。
e0224979_095323.jpg


こちらはパレード当日の昼間のオゴオゴ。パヤンガンのローカルな市場近くで待機中。
e0224979_011014.jpg

e0224979_011440.jpg


来年のニュピは何日なんだろう。月の満ち欠けによる暦に基づいており、日にちが固定されていないから毎年、変わる。オゴオゴ自体も毎年、新しく作られる。作っては燃やし、また新たに生み出す。お祭りそのものは伝統行事なのだけど、中味はどんどん生まれ変わっているんだなあ。次回はパレード前後じゃなく、生きて躍動するオゴオゴを見てみたい。
[PR]
by miredo_4u | 2010-08-15 01:47 | Bali 2010 Mar

■3月のハッピー・ニュー・イヤー!

ニュピが明けた(2010年3月17日)。やっと軟禁状態から解放される。ニュピの間は控えていた電話もできる。L先生がWayan Nikoに電話をかけたときの第一声は「ハッピー・ニュー・イヤー!」だった。Nikoはハイスクールで教えながら、以前はホテルのマネージャーもしていた。滞在中のあれこれを仕切ってくれる頼もしい存在である。

まずはみんなで朝食へ。めざすはBali Buddah。L先生によれば、いつも8時から開いているらしいけど、ニュピ翌日のせいか9時前でもまだ準備中(わたしが持っていたガイドブックには7時から!と書いてある)。仕方なくJl. Raya Ubudを歩きながら、開いているお店を探す。1軒、朝食OKのところがあって、内心いまいちかな~と思っていたら、先を歩いていたK&H姉妹がいいところがある~!と走って呼びに戻ってきた。
彼女たちが見つけたのはKue Bakeryというおしゃれなお店。1階がケーキ屋さんで、2階がカフェになっている。Wi-Fi Freeなので、PC持参の外国人が集まってくる場所のようだった。新聞やTIMEなどの雑誌もあって、久々に世間の情勢にふれる。オバマのインドネシア来訪が延期されるとかいうニュースが新聞の1面に載っていた。

わたしがオーダーしたのは、スクランブルエッグ+ベーコン+クロワッサンというセットで32,000Rp(約320円)。これに税金10%とサービス料5%がプラスされる。それでも、快適でおいしくておなかいっぱいなので満足。写真撮らなかったのが心残り。

朝食後はフリータイム。髪を切りたいというE先生をMilano Salonに案内しがてら、いざショッピングへ。前回ゆっくり見れなかったお店や、ガイドブックで見つけたお店をめざす。
ピテカントロプスというバティックのお店は期待どおりおしゃれな商品が揃っている。でも、いざとなると、バティックの柄、色、全体のデザインのすべてが気に入るものはなかなか見つからない。もちろんお値段も。
実は、お店のスタッフが着ているブラウスがすごく素敵だったので、それがほしいんだけど…と聞いてみたのだけど、古いからもう残ってないとのこと。「わたしもここで働いてその制服が着たい~」と言うと大笑いされた。スタッフはみんな感じがよくて、おしゃべり好きで、ついつい長居をしてしまった。
e0224979_027446.jpg


写真を撮ってもいい?と聞くと、フォトフォト~!フォト大好き~!と全員集合して、ハイポーズ。
e0224979_027925.jpg


最後はわたしをカウンターの内側に入れて一緒に撮ってくれた。頼まれたのでお店のアドレス宛にメールで写真を送ったけど、今のところ返事はない。
e0224979_0271440.jpg



♪追記:2011年お正月にオーナーさんからグリーティング・メールが届いた。
[PR]
by miredo_4u | 2010-08-13 23:42 | Bali 2010 Mar

ニュピのおうちごはん

ウブド到着の翌日はニュピ、つまりバリの新年だった。1日中、火と電気の使用禁止、外出禁止、厳しいところでは会話も食事も禁止という静かな日(参照→地球を救う24時間ノーTV)。
前日の夜遅くウブド入りするため買い物もできないからと、Ibu Katがこの日の食べ物を手配してくれた。 
朝食はめいめいシリアル、果物、ヨーグルトなど、好きなものを食べた。わたしは前日に行ったマッサージ店(あ!Milano Salonのこと書くの忘れてた…)でもらったクッキーが2枚残っていたので、それをかじる。コーヒーがなくて残念。

お昼と夜はこれ↓
Dscf0090 



冷蔵庫の1段をまるまる占拠していたガラスのボウル。両手で抱えるとずっしり重い。中はよく炒めたガーリックライスというかんじ。後でレッドライスだとわかった。どうりで色が濃いと思った。お味はスパイシーでおいしかった。辛いのが好きなW先生とわたしは別に用意してあったサンバルをつけて食べた。くるくる巻いてあるのは、何だかわかる? これ卵焼きなのだ。



作りおきしてくれたのは、隣に住んでいるWayan Aniという女性。滞在中、買い物、料理、掃除などの世話をしてくれた。この家で働く前はいくつかのカフェに勤めたことがあり、そこで料理を覚えたと言ってた。翌日はベトナム生春巻も作ってくれた。
Wayan Aniの手料理でいちばんおいしかったのは、つくね風サテ。かなりスパイシーだけどクセになる味なんよねー。辛いの苦手というW先生の下の娘さんも「めっちゃやばいくらい辛いけど、また手が出るねんなー」(大阪弁!)と、たっぷりの水を飲みつつ食べていた。こんど機会があればWayan Aniにバリ料理を教えてもらおう。


[PR]
by miredo_4u | 2010-05-05 17:27 | Bali 2010 Mar

ウブドのお宿♪補足写真

ウブドの滞在先の写真をあまり撮ってないので、みれどのABCで紹介したIbu Katが、渡バリ前に送ってくれた画像を少しUPします。
Untitled0



 
といっても、直接やりとりをしてくれたのはL先生で、転送されてきたメールでこの写真を見たときは、え~っ、プール付き?こんな素敵なところ借りるの~?と感動。
Untitled4



 
最初は6人だったので、ふたりはこのリビングのソファで寝ることに。。
Untitled3



パントリーのようなドアを開けると、冷蔵庫とミネラルウォーターのタンクが鎮座まします。
Untitled2



 
こちらがわたしとE先生がシェアした寝室。ベッドの後ろにゆくと全面クローゼット。
Untitled7


もう1つの寝室はデスクがあり、本棚にはペイパーバックが並んでいた。こんなところでシュウロンに専念できたらいいなー。
Untitled10_2

 
必要であれば食事も作ってもらえるし、毎日お掃除もしてくれるし、とても快適だった。ウブド中心部に歩いてゆけるのもうれしい。次回もぜひここを借りたいけど、ひとりにはちょっと広くてもったいないねー。


[PR]
by miredo_4u | 2010-05-03 23:47 | Bali 2010 Mar

■大満足!ウブドのレンタルハウス

ウブドのレンタルハウスに到着。空港に見送りに行ってたL先生も戻り、0時過ぎにやっと寝室へ。とりあえず壁にかかっている絵を撮ってみた。
e0224979_15275455.jpg


一夜明けてニュピの朝。キッチンもオープンエア。
e0224979_15283927.jpg


プールサイドで読書中のW先生。ニュピは外出禁止、TVも無しなので、一同、読書→うとうとを繰り返してた。
e0224979_1529267.jpg


庭からリビングに向かうと出迎えてくれるのは…
e0224979_15295496.jpg


庭に下りて、リビングとキッチンを見上げる。この一瞬の間に、虫に足を何ヶ所も刺された。
e0224979_15303750.jpg

[PR]
by miredo_4u | 2010-04-25 14:01 | Bali 2010 Mar

オゴオゴが行く手を阻む

18:30からハイスクールでフェアウェル・パーティーの予定だったけど、オゴオゴ・パレードのために道路が渋滞して、パーティーに出席する地元の先生が大幅に遅れた。どちらにしても、バリタイムだからね。。。とみんなあきらめの境地。パーティーが始まったのは、たしか20時頃。
↓いつも女子生徒の変身ぶりに驚かされる。
Dscf0078_2



パーティーの後、生徒が作ってくれた遅いディナーを食べて、インターナショナル・スクールのメンバーはいよいよ帰国の途につく。デンパサールの空港まで送ってくれるクルマも、時間どおりに来なくてハラハラした。
Mファミリー(奥さんのL先生は空港まで見送り)、E先生、そしてわたしはワヤン・ニコの運転でウブドに移動。途中、オゴオゴに遭遇。ワヤンにカメラを渡して撮ってもらった。これが23時頃。
Dscf0080ed_2



オゴオゴが次々くるので、迂回したほうがいいと地元のおじさんたちに言われて引き返すことに。結局、テガララン・コースを通ってウブド入りしたらしいけど、わたしにはよくわからない。いや~、ホントはもっと早くにウブドに到着して、ゆっくり見物できるかと思ったのだけど甘かった。ニュピ前日のプランニングは余裕をもって!
Dscf0082ed_2


[PR]
by miredo_4u | 2010-04-24 22:37 | Bali 2010 Mar


"heart to heart"


by miredo_4u

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

Ayuさんと一緒にお寺へ@T..
at 2016-10-10 18:00
早起きしたくなる旅の空
at 2016-10-09 12:30
ライスフィールドの真ん中で@..
at 2016-10-06 19:40
もはや定番チェンダナ・リゾート
at 2016-10-02 22:56
グリーンなフィールド通り抜け
at 2016-09-27 16:00

カテゴリ

全体
Bali 2006
Bali 2008
Bali 2010 Mar
Bali 2010 Aug
Bali 2011 Mar
Bali 2011 GW
Bali 2012
Bali 2013
Bali 2014
Bali 2015
Bali 2016
未分類

タグ

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 10月
more...

検索

画像一覧

外部リンク

フォロー中のブログ

ははP

ブログパーツ

記事ランキング

最新のトラックバック

ブログジャンル

旅行・お出かけ

その他のジャンル

ファン